About a certain information, cross media to use and to express a variety of expression media of the character, the sound or the letter and the electronic filing document, etc.

1997年の創業以来の13年間、様々なデザインを手がけてきました。近年感じることは、広告デザインというものの役割が大きく変化しているという事です。予想以上のメディアの多様化につれ、顧客の属性やコミュニティも細分化が進んでいます。そのような時代にはもはやマジョリティだけでは顧客は振り向いてくれません。より顧客ひとりひとり、または企業の一社一社が何を求めているかをマイニングし、本当に求められているものを端的に訴求する広告がまさに費用対効果を高めるものになります。さらに顧客とのコミュニケーションのデバイスとして、PCや携帯、スマートフォンや電子書籍と様々なものがありますが、これらはあくまで”しくみ”でありいうまでもなく重要なのはコンテンツです。私たちは提案するコンテンツ(デザイン)は見るものを引きつけるエモーショナルでドラマチックなデザインであり、発信者の“心”を“運ぶ”ものです。 私たちにとってのこの”デザイン”の役割は創業時から普遍であり、これからも変わりません。

株式会社 ヤード 代表取締役社長 白鳥常雄